ドッグフード グルテンフリー

ドッグフード【小麦グルテンフリー】で小型犬が食べやすいのはコレ

小麦グルテンフリーで小型犬向けのドッグフードをお探しのあなた。

 

ワンちゃんも人間と同じように健康で長生きすることが大切です。
健康であるための一つの要因が日々の食事です。
ワンちゃんも人間と同じように毎日食べるもので体は作られています。
毎日食べるものは体によい食べ物のほうがいいです。
栄養バランスを考えた食事とジャンクフードばっかりの食事をしている人ってどちらが健康でしょうか
わんちゃんも同じように栄養バランスの整った本当に良いドッグフードを与えたほうが健康で長生きできる可能性は高くなるのではないでしょうか。
また、わんちゃんの臭いがきつかったり、毛並みがパサパサだったり、目ヤニがたくさん出てしまっていたり、このような状態は食事に原因があるかもしれません。

 

栄養バランスの整った食事をワンちゃんに与えるほうがいいです。
グルテンフリー、低脂肪、動物性たんぱく質が豊富、添加物が入っていないなどを気にして食事を用意することが大切です。
チワワ、トイプードルといった小型犬が食べやすいフードを用意してあげたほうがワンちゃんのためです。

 

しかし、ワンちゃんのフードもあれこれ体によいものを混ぜて食べさすのは手間がかかりますので大変です。
人間の食事も毎日3食栄養バランスを考えて食事を用意するのは手間がかかりますので大変です。

 

 

そこで、小麦グルテンフリーで栄養バランスが整った低脂肪で小型犬向けのドッグフードを与えてみてはいかがでしょうか。

 

小麦グルテンフリーで小型犬が食べやすいドッグフードをご紹介します。
ドッグフード選びのご参考になさって下さい。

 

小型犬向けのドッグフード

小型犬向けのドッグフードで小麦グルテンフリーのものをご紹介します。

 

このこのごはん

「このこのごはん」はただのドッグフードではありません。
特徴は、

  • 小型犬の悩みをサポート
  • 小麦グルテンフリー
  • 低脂肪
  • オイルコーティングなし
  • 小型犬向け
  • 保存料不使用
  • 人工添加物フリー
  • 酸化防止剤不使用

 

小型犬の悩みにニオイ、毛並み、ドロドロ涙があります。
お風呂に入っているのに臭いが取れない、毛並みがパサパサである、目の周りがただれていたり目ヤニがたくさんついていたりすることがあります。
こららの原因は体内環境による可能性があります。
体内環境によるのなら日頃の食事を見直す必要があります。

 

「このこのごはん」はお腹をサポートする乳酸菌が入っています。
お腹に溜まっている不要なものの排出を助けます。

 

高タンパク質の肉とタンパク質の分解を助ける果実が入っています。
タンパク質分解酵素が豊富なパパイヤ、タンパク質が豊富な鶏のささみ、鉄分や葉酸やビタミンA1・B1B2が豊富な鶏レバー、低カロリーで鉄分やビタミンB群や不飽和脂肪酸が豊富な鹿肉が入っています。
タンパク質を十分に摂ることによってふわふわの毛並みになることが期待出来ます。

 

消化を助け食物繊維が豊富なモリンガ、カリウム豊富なサツマイモ、DHAやEPAが豊富なまぐろが入っています。
消化不良で体内に不要な物が残っていたり、添加物が入っているドッグフードを食べると涙管や涙腺が詰まりドロドロ涙が出ると言われています。
消化を良好にすることによって、ドロドロ涙や目やにの改善が期待出来ます。

 

粒の大きさも小型犬が食べやすい大きさとなっています。

 

「このこのごはん」は、人間が食べれる原料で作られているドッグフードです。
また、「このこのごはん」と水だけで1日に必要な栄養が補え、総合栄養食の基準を満たしているドッグフードです。
小型犬向けのドッグフードで、子犬、成犬、シニア犬いずれも食べることができます。

 

「このこのごはん」は国内工場で生産されています。
有機JAS認証、IOS2205認証、HACCP認証の工場で生産されているドッグフードです。

 

「このこのごはん」は小麦グルテンフリーのドッグフードです。
小麦を使っていませんので、小麦アレルギーのワンちゃんでも食べれます。
また、トウモロコシも使用していません。
つなぎとして大麦や玄米を使用しています。

 

オイルコーティングもしていません。
一般的なドッグフードは食いつきや味を良くするために動物性の油脂をふきかけている商品があります。
その油脂を酸化させないために酸化防止剤をが使用されています。
「このこのごはん」はオイルコーティングもしていませんし、酸化防止剤も使っていません
また、香料、着色料、保存料、防カビ剤、増粘剤、発色剤を使用していません。
しかも、国内専門工場で作っている国産です。

 

「このこのごはん」は、農薬や化学肥料に頼らない自然の力で栽培された食品の証である有機JAS認証、産地から食卓までの品質を補償したISO22005認証、製造の安全を確保する衛生手段のHACCP認証のグルテンフリーなドッグフードです。

 

お申込みの流れ

@下のバナー(ボタン)をクリック・タップして「このこのごはん」のページに進みます。
Aページ上部・中部・下部に申し込みの緑色のバナー(ボタン)をクリックして購入の手続きを行ってください。
※定期購入は1回の購入でも停止・休止が可能です。

 

「このこのごはん」のご購入はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

小麦グルテンフリーのドッグフードでワンちゃがいつまでも元気で過ごせたらいいですね。

 

 

グルテンフリーとグレインフリーの違い

グルテンフリーとグレインフリーの違いとは何なのでしょうか。
グルテンとは、小麦やライ麦などの胚芽と胚乳から生成されるタンパク質のことで、アレルギーの一因になるタンパク質です。
グレインとは、米、小麦、トウモロコシなどの穀類のことです。
グルテンフリーとはグルテン・小麦不使用、グレインフリーとは穀類不使用という意味となります。

 

グレインフリーのドックフードは穀類を使用していないのなら、グルテンフリーのドックフードはなぜ存在するのかという疑問が湧きます。
例えば、小麦アレルギーのワンちゃんならば小麦を避ければいいので、グレインフリーのドックフードを食べていればアレルギー症状は起きないということになります。
グルテンフリーのドックフードは必要なのです。
なぜなら、グレインフリーは穀類を使用していませんので、炭水化物の摂取が少なくなりそれを補うためにタンパク質などの栄養源を多めに摂取しなくはいけません。
老犬になると内蔵への負担が大きくなる可能性があります。
炭水化物を抜くダイエットをしている人が、肉や野菜など穀類以外の食べ物を多く摂取するようになると似ています。

 

グルテンフリーのドックフードは、穀類を一切使用していないのではなく、アレルギーの一因になるタンパク質を生成する部分を抜いているので、それ以外の例えばサツマイモのような穀類は使用します。
グルテンフリーのフードはアレルギー物質が含まれている穀物でなくそれ以外の穀物を使用しますので、炭水化物もきちんと摂ることが出来るのです。

 

ココの部分が、グルテンフリーとグレインフリーの大き違いとなります。

 

 

ワンちゃんの体質を考慮してドックフードを選んであげましょう。
ワンちゃんのお腹の調子が悪い、皮膚に炎症やかゆみがある、目やにが出るなどの症状がある場合はアレルギーが生じていると思われますでグルテンフリーのドックフードを与えて、ダイエットが必要な場合はグレインフリーのドックフードを与えてみてはいかがでしょうか。

 

ワンちゃんに食物アレルギーがある場合は、まずは獣医師に相談して食べられるフードをお調べ下さい。
ワンちゃんは喋れませんので、飼い主さんがしっかりと状況を把握してあげなくてはいけません。

page top